静的解析の設定

次回はRspecの設定をします。

Rspecの設定

railsでrspecを使えるように設定していきます。

Rspecをインストール

docker-compose run --rm web bundle exec rails generate rspec:install
上記のコマンドを入力します。
![rspecのインストール](http://www.gintonix.xyz/wp-content/uploads/2020/01/Screen-Shot-2020-01-14-at-1.48.22.png(802 kB)
http://www.gintonix.xyz/wp-content/uploads/2020/01/Screen-Shot-2020-01-14-at-1.48.22.png
)
このようにファイルが生成されます。

設定

出力をドキュメント形式

出力をドキュメント形式に設定します。
.rspecを次のように設定します。

--require spec_helper
--format documentation

binstubをインストール

テストスイートの起動時間を速くするためにbinstubをインストールします。
docker-compose run --rm web bundle exec spring binstub rspecを実行します。
springによってテストの起動時間を速くします。
![binstub](http://www.gintonix.xyz/wp-content/uploads/2020/01/Screen-Shot-2020-01-14-at-1.56.29.png(270 kB)
http://www.gintonix.xyz/wp-content/uploads/2020/01/Screen-Shot-2020-01-14-at-1.56.29.png
)
docker-compose run --rm web bin/rspecでいったんテストしてみましょう。
![テスト結果](http://www.gintonix.xyz/wp-content/uploads/2020/01/Screen-Shot-2020-01-14-at-1.58.33.png(742 kB)
http://www.gintonix.xyz/wp-content/uploads/2020/01/Screen-Shot-2020-01-14-at-1.58.33.png
)
こうなればOKです。

デフォルトのテストをRspecに変更する

rails generateコマンドなどを使った際に、rspecのファイルが自動生成されるように設定します。
config/application.rbを下記のようにする

require_relative ‘boot’
require ‘rails/all’
# Require the gems listed in Gemfile, including any gems
# you’ve limited to :test, :development, or :production.
Bundler.require(*Rails.groups)
module PaperPlane
  class Application < Rails::Application
    # Initialize configuration defaults for originally generated Rails version.
    config.load_defaults 5.2
    # Settings in config/environments/* take precedence over those specified here.
    # Application configuration can go into files in config/initializers
    # -- all .rb files in that directory are automatically loaded after loading
    # the framework and any gems in your application.
    config.generators do |g|
      g.test_framework :rspec,
      fixtures: true,
      view_specs: false,
      helper_specs: false,
      routing_specs: false
    end
  end
end
view_specs、helper_specs、routing_specsはtrueにするとgenerateの時に一緒に生成されるようになります。
なので、任意で設定してください。

以上でRspecの設定は終了です。

コメント