docker + Laravelアプリをherokuにデプロイする

久々の更新です。
今回はLavavelアプリをherokuにデプロイする時の手順の備忘録です。

docker+Laravelをrailsエンジニアが使ってみる
Laravel: ログイン認証と管理画面 【voyager】
Laravel + docker で掲示板を作るチュートリアル
docker + Laravelアプリをherokuにデプロイする←今回はここ

手順

1. herokuにログイン

heroku login

herokuにログインします。

2. herokuにアプリを作成

heroku create [アプリ名] --buildpack heroku/php

3. addonを追加

heroku addons:create heroku-postgresql:hobby-dev

今回はpostgresを使います。

4. 環境変数の設定

heroku config

と上記のようにやると
DATABASE_URL: postgres://[ユーザ名]:[パスワード]@[ホスト名]:[ポート]/[データベース名]といった感じでデータベースの情報が返ってくるのでそれぞれをherokuに設定します。

heroku config:set DB_CONNECTION=pgsql
heroku config:set DB_HOST=[ホスト名]
heroku config:set DB_DATABASE=[データベース名]
heroku config:set DB_USERNAME=[ユーザ名]
heroku config:set DB_PASSWORD=[パスワード]

5. デプロイする

プロジェクト配下に移動します。

cd src

Procfileを作成

vi ./Procfile

ファイルの中身を下記のように編集する。
Procfile

web: vendor/bin/heroku-php-apache2 public/

push

git init
heroku git:remote -a [アプリ名]
git add .
git commit -m 'deploy'
git push origin master

6. keyの設定

./src/.envに書いてあるAPP_KEY=以降をherokuに設定する。

heroku config:set APP_KEY=[キーを入れる]

7. マイグレーション

heroku run "php artisan migrate"

8. voyagerの対応

heroku run "php artisan voyager:install --with-dummy"

9. 開く

heroku open

以上で完了です。

コメント